電験3種(電験三種),電気施工管理技士の通信教育は【戸谷技術士事務所(東京都新宿区)】






電験3種
通信教育募集開始
!!

電気施工管理
    も募集開始
!!

ピンポイント動画サンプル
掲載中




電験、電気施工管理

通信講座
さっそく始めよう!!


電験3種の指導


1級電気施工の指導


2級電気施工の指導


イベント開催


ここは申込者限定の
ピンポイント動画を見るために入室するところです。
会員専用サイトの説明をします

会員専用サイト説明





戸谷技術士事務所
代表:戸谷次延
詳しいプロフィールはこちら

企業向け電験3種、電気施工管理技士等の受験指導で10年以上実績があます。


〒160-0022
東京都新宿区新宿3
   −11−12−606

TEL:03-3225-6564
E-mail:info@fdcpro.com

【対応地域】は、特に設定しておりません。日本全国どこまでも対応いたします。


更新情報











ここでは、戸谷技術士事務所の10数年に渡る電気資格指導経験を通信教育事業としたことにより宣伝、通信販売を行うために、専用のサイトとして提供いたします。
通信教育の提供ここが違う質が違う教材は合理的
ピンポイント動画のサンプル早期割引制度

 当サイトは電験3種と電気施工管理技士の通信講座指導を提供します
電気の国家資格等はいろいろあります。
主に 技術士(電気・電子)部門、電気主任技術者、電気施工管理技士、電気工事士、エネルギー管理士等があります。
ここでは、第3種電気主任技術者験(電験3種)と電気施工管理技士に関して、通信講座を提供するサイトとして設けました。

今までの通信教育での問題点を全て改善することにより更なる受講生の可能性を開花させます。
->だまされないでください!!電験3種のサイトネットでは○ヶ月合格とかいろいろあります。
売り文句やメールマガジンとかありますが、受講者に必要な時に必要な事を提供するのが、当社の考え方です。受講者に必要でないことがメールで送られてきても有難くありません。
受講者それぞれの学習進度により疑問点や質問はまちまちなのです。
受講者が既にわかっていることをメールマガジンで送られてきても新聞のチラシと同じです。
当社では、会員専用サイトで、受講者それぞれにとって最適な聞きたいことを聞けてピンポイント動画で見れるシステムを提供します。

先ず、法人企業としてそこが運営しているか?そして、そこが少なくとも数年運営されているかがポイントです。個人サイトの場合運営上信頼が少ないですが、当社は、会社組織で、法務局等の届出をしっかりしたサイトです。次に受講生に親身になっているところかどうかです。教材の売り切りサイトなどは避けたほうがいいです。
会社概要、案内がしっかりしていないのは避けるべきです。
特に、通信講座だと、運営会社や委託会社や提携先が入っているのであれば、受講者と指導者との距離が遠いことを示しておりますので避けるべきです。
その分、レスポンスや質問の真意が伝わりにくくなってきます。
当社では、当社自信が直接運営指導して提供しております。
確かに今までの少しでも電気の知識があれば、1ヶ月でも合格できますが、そういう人ばかりでは、ありませんよね。
以下いろいろ当社の特徴を記載してますので、ご覧戴き検討してみてください。

 何故 今、電験3種と電気施工管理技士の通信講座の提供なのか!!

当社の考え方として、後世の人材育成は未来の社会を作る礎になります。
特に、年齢問わず、スキルアップ、就職に有利な資格を早く取得されて、それを生かしていただくことが、社会の発展につながると考えております。
そのため、社会ニーズの高い電験3種と電気施工技術士に関して通信事業を開始しました。
特に、大都市圏の受験者の合格率が高く、地方受験会場では、合格率が低いのは、優秀な指導者が大都市圏内にいることが考えられますが、地方こそ、これから活性化されるべきところで、少しでもそのお手伝いが出来ないかと考えており、今回このような通信教育事業の提供を開始しました。

 世の中にある通信事業とここが違う違いに注目)!!

今まで世の中にある通信教育関係の企業では
(1)テキストと教材を販売してサポートと言いながら、受講生に親身になっていなく、ただ単に物販商売だけになっている。
−>当社は、むやみな不要な教材を進めません
(2)誰が採点しているか判かりません
−>当社は、代表自ら指導しており採点お答えいたします。
自信があるからこそ顔写真を掲載しております。
(3)通信教育関係の企業の多くは実は外部に先生を委託して対応するため、質問したくてもその応答が遅く、知りたいときに教えてもらえない不都合が生じます。
−>当社は、代表自ら指導するため、応答が速いです。
(4)通信教育関係の企業の多くは紙を媒体とする郵便が主体です。
−>当社は、応答のレスポンスを高めます。
教材のパスワード供給によるダウンロードメールによる添付ファイルにての指導と会員専用サイトによる動画を主体とします。
受講成立の際は、ダウンロードパスワードと専用問い合わせメールアドレスにて進めます。
メールでの質問はもちろん、進度確認のメール等で、指導者とコミュニケーションを形成した中で指導をいたします。コミュニケーション指導により理解度が向上します。
 もちろん紙媒体としてFAXや郵便の扱いもいたします。時代にあった多様性での通信教育が理想だと考えます。
(5)通信教育関係の企業では、試験の結果に関係なく指導期間が1年未満です。
−>当社は、試験に見合った指導期間に合うシステムです。
例えば電験3種の場合、3年間科目保留制度があります。
合格まで最後まで面倒見てくれる通信教育企業は、少ないですね。
当社は、原則は、最短の試験日まで指導します。(1年)
不運で、不合格になっても当社は当社独自指導更新システムを実施します。
試験日から1ヶ月経過時点で、翌年指導を希望される方は、専用サイトのパスワード更新手続メールをいたします。更新手続(手続料)にて、翌年1年会員専用サイトが使えます。
会員専用サイト更新料等は、各指導紹介ページに記載します。
継続して、最後まで指導するシステムです。

 当社は、指導者のが違います!!
かつて試験に合格したからと言って、指導が出きるとは別です。
間違った指導者を選ぶと、試験合格以外のことばかりだったり、昔はそういう問題もあったが、今はそういう問題は出なかったり、新しい問題(電子系の問題や情報処理系の問題等)が出ているにもそれを指導しない。
もともと、試験問題は時代によって変わるものです。
試験合格を目的としなければ、ならないと考えております。
当社は、戸谷技術士事務所の指導経験10年を超える実績によって時代に即した試験の傾向分析をおこなっており、その中で、今後も出題されることを指導しており、実際に電験3種、電気施工管理技士ばかりではなく、技術士、電験2種と数多くの合格者を輩出させております。
目的に合った指導こそが合格という実現を早めます。
例えば、電気施工管理の法令は、建設業法から、労働基準法、労働安全法など、毎年更新されております。そういう情報をしっかり把握している指導者が必要です。通信教育企業は、自社で指導者を育成しておらず、必要な時に外部に先生を委託しており、そこまでの質を考えておりません。つまり現役の先生は、基本的には、労働基準法で、雇用企業の就業規則で、拘束されているため、通常業務以外のことをアルバイト的にでも行えば、解雇要因となります。当社みたいに現役指導企業でないと、定年退職者の先生に委託せざる負えません。定年退職後の先生に法改正を追っかける程の先生は実際ほとんどおりません。
これは、受講者にとって、試験合格させる目的では、二流の監督に指導を仰ぐようなものです。
当社は、代表自信、電気ばかりでなく労働安全コンサルタント業務で、労働安全衛生法について熟知しており、電気施工管理指導においては、いち早く、改正内容を記述体験に生かしたりする指導を実施しております。
プロと称した指導者・・・本当にプロですか?と聞きたくなりますね。
いくら書籍を出されていても、それは、疑問になります。当社の代表自信、いつも更なる指導方法がないかを研究しております。日々の研究を成果として提供できればと考えております。
少なくとも、当社では、電験を通信指導するならば、電験1種合格してからの指導暦が10年以上と考えております。
もし、ネット等で合格書を掲載されているのであれば、合格書の日付けでも確認してみてください。
当社では、代表が直接指導する現役指導企業ですから、上記条件をクリアしております。あえて合格書を掲載する必要が無いものと考えております。なぜならば、当社の代表が試験を受けるのではなく、受講者が合格することを考えておりますから、当社の名声などは、どうでもいいのです。まず、受講者が「最短に合格することを主願」に指導しているからです。当社の代表は、日本技術士会で、青年部の委員を約7年行いました。これからに若者のチャレンジに如何に寄与して、日本の技術者の向上をと考えて、委員活動をしてきました。むしろ、自信が無いから合格書を掲載しているんだとすら感じます。また、特典とかボーナスとか○○円相当をプレゼントというサイトありますよね。物品販売ならともかく、本当に受講者が合格を考えているのか返って疑問になります。
確かに、電験3種を指導するに当たっては、電験1種が必要だとは限りません。
重要なことは、指導に幅のあるところまで教えられる点です。それが指導力におけると考えます。
 よく、指導経験○○年とかいったのをPRしているところは、会社の指導経歴であり、講師の指導経歴では無いと考えられます。
講師の経歴があれば、経験は尊敬しますが年配の講師のところは避ける必要があります。
なぜならば、受験時代の試験制度が古いので今出題されないところを教えている可能性があります。出来ればここ25年程度で電験を取得した講師が最適です。出題されないことを教わっても電気を学ぶにはいいですが、合格には近ずきません。
特に講師が技術士とか1級施工管理を取得しているのであれば、20年以内の講師を選ぶべきです。これは、技術的にそれ以前の技術士は合格率は40%程度あったため、当時の技術水準が低いから合格しただけで、今の10%前後の合格率の試験を受けている人と技術能力的に明らかに差があるものと考えます。
そんな人に教わろうと思いますか。
合格者の声とか載せているは、PRだけで、受験者がステップアップするには、意味のないことです。100人いれば100通りの勉強方法があると考えます。
その中で最適なことを考えてみてください。
(また、宣伝に惑わされずに、一歩一歩行動することだと考えます。)
また、受講者目線でない指導者が見受けられます。
また、指導する代表はかつて高校の数学の教師経験もあり、どのように教えたらどう受講生が反応するかを常に研鑽しております。
よくない例としては、指導者の能力を誇示する指導です。参考書の書籍類もそうですが、電験3種なのに微分・積分が入れてある参考書があります。電気を勉強するには必要な箇所ですが、電験3種を合格するには、不要な箇所です。初めての人は、ここまで勉強しないと合格できないのかと疑心暗鬼になります。一つは書籍を書いている人が受験者目線になっていないところです。むずかしいことを説明するのは簡単です。しかし簡単なことを判り易く説明するのが一番難しいのです。そのため、数学の本を買って勉強することになります。・・・これは目的から遠回りになります。なぜならば、数学の試験を受けるのではないのですから、あくまで数学は道具にすぎないからなのです。正しさではなくうまく活用することが主なのです。受講者が数学者になるのではなく電気技術者をめざすのですから、目的を間違えると遠回りです。
当社の指導の目的は、選択と集中で、早く合格させることと考えております。
指導する代表は、いろいろと電気関係の書籍や雑誌を書いたりしてきた経験からこそ、そこまで断言できるのです。
遠回りせずに最短航路を示して進ませることが最適目標実現指導と考えております。

 当社の教材は合理的です!!
受講者の心配していることは、どんな教材だろうか?ではないでしょうか。
今回の通信教育事業では、戸谷技術士事務所で、大手企業の講習会指導に使用した教材を通信教育的にリニューアルした、教材なので、これで合格者がいるという事こそが合格する教材だと考えます。
間違った教材を選ばないでください。以下をチェッツクしてください。
(1)個人サイトで、「売り文句で、教材を選ばないこと
企業サイトだからこそ、それに対する責任を果たすことができます。
当社の詳細は戸谷技術士事務所を見てください。
(2)指導者の顔が見えない企業から教材を選ばないこと
(3)指導者が現役であること老舗の通威信教育をしている企業だと、だれが面倒みているかわかりません。
(4)映像教材にごまかされないこと
市販に物販販売に近い形態として、DVD販売教材があります。一見いい感じがしますが、そこには落とし穴があります。
実は、指導と語ってDVDを売るのを目的とした教材。教材をそのまま写してアンダーライン等で、線を引く様子が収録された教材既に出来上がった図をスライド的に見せて指導者が音声を入れている教材・・・見栄えはしますが合格という受講目的からズレています。きれいなテロップばかり目に入り頭に残らない、見る時間がムダなDVDが多いのです。試験場で、見栄えのいいテロップを持っていくのですかと言いたいですね。
なぜならば、建築物で、これから家をどのようにして建てればいいかと知りたいのは、完成図もそうですが、組み立図、つまり、柱とかダクトとかの配管図とかどのように構成して作るのかを知りたいわけです。それを完成図だけ見せて説明してもわかりませんよね。試験では、その途中が知りたいのですから、指導者が動きのある計算過程とかを説明しているとかなら、まだいいのですが、既に準備されている計算結果にアンダーラインだけ引くのに意味は無いと考えます。きっと映像業者がテロップを作ったのでしょうね。全くの知識の無い人がアウトラインで、見る分には、使えますが、それでは合格と言う目的を最短で達成するには、遠回りです。まして、教えやすい受講者が理解しているところのみをDVD教材としているため、受講者が合格に必要なところを凝縮した教材となっていないため、合格に近い人が見たら返って時間のロスになってしまう。
試験問題を解説したDVDもありますが、正しさを解説するだけで、合格する解法テクニックは解説しておりません。
当社は正しさの追求ではなくて、合格にさせるための目的の必要な秘訣を会員専用サイトで、「ピンポイント動画解説」としました。動画にしても意味のないものはダウンロード教材にして、教材を書類形態で、見たほうが早い物もあります。ムダな時間が無いように、最終的には、試験合格に必要なとろころのみにして、知りたいところや不安なところを見ればいいのです。まるで、音楽で、サビの部分を収録したものを想像してください。メール指導では、なかなか不明な点もありますね。そこで、当社では、専用会員サイトでは質問要望の専用フォームに記入していただけたら、その内容によってをピンポイント動画解説に反映させます。つまり与えられた教材をやるのではなく、受講者とのコミュニケーション理解を深める指導を提供します。
続に一方通行のeラーニングとは違います。当社は、今までの通信教育にないバーチャルマンツーマン指導的な通信教育をめざしております。考える行動こそが、試験にも活きてきます。
そのため、どうしても紙やメールでは伝わらない内容を厳選して、会員サイトでは動画で解説します。全てが映像ではありません。当社はあくまでも良い事は取り入れますが指導にムダがない合理性を考えております。
(5)電験3種の科目保留合格があるのですが、科目保留者に対する教材が無い。2年目3年目の受講生を合格に導く教材指導がされてなく、全体を受講しなければ通信教育として扱ってくれない企業は避ける。
受講生のことを本気で、考えたら、そういうフォローが不可欠で、その形が無いのはつまり教材販売を目的としているあらわれだと考えます。当社は、そういうもう少しで、合格できる人程フォローをする人材育成の通信教育であるべきだと考えて個別科目通信受講が可能な受講形態です。もちろん会員サイトにアクセスするには、申し込み時のパスワードキーで、活用できます。このパスワードキーの更新で、指導更新が可能で、会員サイトは、毎年充実させていきます。
(6)例えば、電験3種のテキストで、書いている人を確認してください。それは、受験界で、権威あると言われている人が書いているのではありません。○○大学の教授とかあれば、それは、正しいことが書いてありますが、合格させることを考えた書籍では、ありません。もともと大学教授などは、研究論文を世に出すのが、役目で合格に特化した指導をするのが、役目ではないからです。当社はあくまでも合格を目標としている指導です。そこにが生じます。受講者の合格を最短を最適制御しているのが当社です。また、新しい試験に精通している人が書籍を書いていればいいのですが、古い試験制度下のみの経験で、書籍を書いている人が多いのです。書籍を書いている人の経歴で、年齢を見ると判ります。それは、経験は大切ですが、トレンドを考慮しているかで、質の差が生じます。書籍に関しては最適な書籍を紹介します。それは、電験3種テキストに関しては詳細はおしらせで紹介します。(当社 代表が書いております。)
多くの書籍は、年配の人が書いており、正しさが中心となっておりますので余分なところが多いのも実情です。書籍は、新しいのが一番です。試験は生き物みたいなもので、昔と今は変わっていますので、合格に適するのは、新しいものの方がそのトレンドが入ってます。また、書いている人が不明な書籍は避けたほうがいいのです。(責任がとれないゴーストライターが書いているかもしれません。)
もちろん、今までの書籍を参考書として、当社の通信教育を活用されれば、十分合格できます。学習の中心を当社の教材に主力とすればいいのです。それは、古きのいい点と新しきのいい点をミックスしているダウンロード教材だからです。
 申込者限定専用サイトでは!!
受験上の一般論ではなく、受講者のホントに役立つ情報として、代表が受験時代の経験からいろいろな話題の提供や、その今年の問題を振り返っての分析や、来年の狙われるところを具体的に示します。
また、裏技いろんな指導情報を提供として、独自の解法テクニックなどを順次ピンポイント動画解説していきます。
申し込みされたら、受講生は会員となり、会員キーにより会員独自のサイトを利用できます。会員サイトでは、双方向のコミュニケーションを考えており意見や取り上げて欲しい説明を「質問・要望の専用フォーム」にて受け付けます。そのお答えは受講者に共通なものであれば、会員サイトで紹介して更新していきます。内容によっては、会員サイトで理解しずらい点は動画で解説します。そのため、受験者による目線での疑問点を紹介していきます。ただ、単にコンテンツを供給するのではなく、共に考えて行く姿勢での指導を考えております。そのため、簡単なことからの疑問点から、受験の悩み、などを共に解決していくことが出来ます。
他の通信教育では、こういうことは一切フォローしていない点を当社サイトだからこそ完全フォローできます

 申込者限定専用サイトのピンポイント動画のサンプルについて!!
申し込み者限定サイトでのピンポイント動画では、どのような説明がされるかについて紹介します。
先ず、サンプルとして一般のDVDとかの解説を代表がまねて解説します。
次に当社の代表が目指す、合格を考える指導として理解してもらうために同じことをどのように説明するのかを見てください。



これが当社が考える指導です。説明力の差を見ていただきました。
会員限定サイトでは、専用レジメ(資料)をPDFで、それでも、どうしても伝わりにくい内容をピンポイント動画で、紹介しております。
しかも、当社の一方的教材ではなく会員限定サイトの質問・要望で、どうしてもわかりずらいと判断したときには、会員の共通なことなので都度ピンポイント動画で、紹介していきます。

 申し込みは早期割引制度がありますのでお早めに!!
 試験の1ヶ月前の申し込みに関しては、対応いたしますが、申し込みは次回の試験日から早ければ早いほど受講者も指導者の両方が余裕ができるので、その分を早期割引制度を実施します。
詳細は、各指導コースと教材販売のページで紹介します。
やる気に対する応援をしております。

 指導に関する疑問点は会員専用サイトの専用フォームにて!!
 お申し込みが成立時から、指導期間までは、会員サイトの質問・要望専用のフォームにて受験に対する質問指導を実施します。
質問の内容によっては、ピンポイント動画でお答えします。
これは、決められた動画でなく受講者との双方向が成せる形です。
これは、当社だから提供出きる形態だと考えております。
メール環境が無い人は、郵便やFAXにて指導いたします。(尚、この場合、時間がかかりますのでご了承ください。)

 講習指導との併用は、更に合格する時間を短縮できます!!
 企業教育担当者にあらせましては、通信教育と講習による併用で最適なプランとなります。
運営会社からの導入でなく、しっかりとした指導する講師の見極めも大切です。
これに関しては詳細は、戸谷技術士事務所のお問い合わせをご活用下さい。
申込者の多い地域では、受験相談会等のイベントの企画を検討していきます。
2012年12月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新情報のお知らせ
2013年の試験に向けてスタート 【お知らせ等

お待たせしました。H25年度の電験3種向け講座の資料更新いたしました。
問い合わせいただき、いろいろ遅くなりご迷惑をおかけしました。
今回は、法規を現在の改正法に合うように確認しましたので、添削のほか10回の法規演習問題と法令集を改定しました。ダウンロードしていただき活用されると、H25年度法規対策は万全となります。
改正法に対応された演習問題を確実に演習すれば、H25年度法規を獲得できます。
会員サイトでは、H25年度への傾向分析表等の資料が、更新しましたので活用してください。
また、継続会員を希望される方も手続をお願いします。
新規会員も同時に募集しております。




2012年度を振り返って 【お知らせ等

今年の試験は、全教科合格する率が5.9%と昨年の5.5%を若干上回った。
全教科合格者を除けば教科ごとの科目合格者については、理論15.3%、電力21.1%、機械7.2%、法規5.9%となった。%は受験者数に対する比率で、全教科1回で合格するには、厳しい結果となった。この1冊のテキストや教材で合格する数字でなく、合格するには、科目保留制度をいかにうまく活用することが重要で、選択と集中と考えて、2013年度の試験に臨むのが、よいでしょう。
先ずは、今年の試験での自己反省点、克服すべき内容を整理することが来年へのスタートとなると考えます。
2013年度は、法規の課題を法改正にすべて対応すべき見直しをして、法規条文を見直しているので、会員サイトの情報を充実させている最中です。近日、終了しますが、その作業以前でも、お申込みいただけます。




2012年の電験3種合格に向けてスタート 【お知らせ等

2011年の電験3種合格発表は10月18日ですが、既に正答は試験センターから公表されており、自己採点で残念な結果で、2012年の指導について、当社に申し込まれたかたもおります。
また、当社の指導で自己採点で、ほぼ大丈夫だとのお喜びのメールも戴いてます。
当サイトで、会員専用サイトでは、今年の傾向を分析しております。
ほぼ大丈夫な方は、当サイトで、自分の疑問点をどこまでわかってどこから、答えに向かえばいいかを習得された方だと感じます。あいまいな事から一歩ずつ解明できて初めて、合格する知識が備わります。残念な方は、2012年に向かって見なおすには、当社が一番とお勧めします。




アクセプタ 【電験用語解説

電験3種で出題される用語について解説します。
今回は理論で出題される内容です。
極めて高い純度に精製されたけい素(Si)の真性半導体に,徴量のほう素(B)又はインジウム(ln)などの3価の元素を不純物として加えたものをp形半導体といい.このとき加えた不純物をアクセプタという.




2011年の電験3種受験直前アドバイス 【お役立ち情報

2011年度の電験3種の試験に対して
台風の接近で、試験会場への交通機関の利用では、十分余裕を持ってください。
今年は、例年と異なり、試験会場によっては、エアコンの効きがよろしくない会場が考えられます。そのため、自己対策としてタオルを持参や飲み物なども凍結飲料水と通常の飲料水を2つ準備し、お昼も買いに外へ出ると暑さで疲れますから、事前準備するとか、自己防衛対策をしておいた方が有利です。試験会場で、受験者が必死に考えていると通常の人体体温より上昇しますので、思ったより試験会場の温度は、上昇します。
最後に、脳の働きを活発にするには、糖分が必要ですから、水分の他に甘いチョコレートなどを凍結飲料水と一緒にしておき休み時間など試験の開始前に食べると効果的です。
大切なのは、問題で、何を聞いているかしっかりと答える冷静が必要です。
それが合格の秘訣です。






ホーム会社案内よくある質問サポートお知らせ教材販売お問い合わせ
電3種1級電気施工管理技士2級電気施工管理技士イベント特定商取引に基く表記

当社の対応はエリアは特に設定しておりません
  日本全国各地で、通信教育と講習会の併用で、出張も承ります
講習会に関しては、戸谷技術士事務所のホームページにてお問い合わせください。

電気主任技術者(電験)・電気施工管理技士の通信教育は戸谷技術士事務所へ
TEL:03-3225-6564 E-mail:info@fcdpro.com
Copyright (C) 2009 電験3種・施工管理の通信教育は戸谷技術士事務所. All Rights Reserved.